こだわりのジュエリー,婚約指輪,
結婚指輪,ジュエリーのリフォーム、修理、オーダーならおまかせを!アートジュエリーいとの子

  • 780-0841
  • 高知市帯屋町1丁目15-18
  • 088-875-1635

リング

Pt900/K18・ダイヤモンド(¥98,000)

プラチナとイエローゴールドのコンビリングです。
リングの側面を立ち上げたところにダイヤを留めています。大きめに描かれた曲線が美しいです。
リング裏側の指なじみもよく差し心地が良いです。

K18WG・ブルートパーズ・ダイヤモンド(¥168,000)

非常に細かいカットが施されたブルートパーズを使用しています。石目は6.61ctと大きく色もパキッとした青色でとても華やかな石です。
周りのメレダイヤは小さめのものが隙間なく彫り留めされていて、中石の美しさを際立たせています。
2本の甲丸の腕はクロスしていて動きを出しています。

K18WG・ダイヤモンド(¥53,000)

上下の地金の間には空間があいています。メレダイヤは一粒のサイズは大きくないのですが、良く光りテリのあるものを使用しています。
爪の向きや留め方が丁寧なのでリング全体の仕上がりも美しいです。
人差し指から薬指までどの指に指しても綺麗かと思います。

Pt900・ダイヤモンド(¥81,000)

全てのダイヤにハート&キューピットと呼ばれる正対称のカットが施されています。端から真ん中にかけて石のサイズが大きくなるグラデーションになっています。
石目は0.3ctですがダイヤが美しく良く光るので石目以上に大きく見えます。
2本のS字ラインとダイヤのラインが合わさっている複雑なデザインの一文字です。

Pt950・ダイヤモンド(¥55,000)

ダイヤの周り全周にミル打ちが入っています。
真ん中は4石のメレダイヤを中央の共有爪で留めて、お花モチーフを作っています。
プラチナの商品は通常Pt900(プラチナ90%)ですが、こちらの商品はよりプラチナを多く使用したPt950(プラチナ95%)でお作りしております。
腕に厚みがありころんとしたシルエットが可愛らしいです。

Pt900・K18・ダイヤモンド(¥126,000)

イエローゴールド部分にはツヤ消し加工が、プラチナ部分には鏡面加工が施されておりテクスチャーの対比が面白いです。線画のようななめらかなラインが特徴的なデザインです。
ダイヤの石目は0.11ctで彫り留めです。パーツが立体で積み重なっており動きがあります。

K18・ローズクォーツ・ダイヤモンド(¥138,000)

直径約12㎜程のドーム型のローズクォーツが目を惹きます。正方形のカットが個性的です。
石座にはころんとした丸みがあります。
腕のメレダイヤは3列の彫り留めで上下の彫り残しラインが無いタイプです。石目は0.27ctです。

K18・ダイヤモンド(¥145,000)

中石にペアシェイプカットという涙型のダイヤモンドをあしらったリングです。石目は0.31ctあり存在感のあるサイズです。
メレダイヤは地金のライン無しの彫り留めで繊細に見えるような作りになっています。
線は細いのですが横から見た時に地金の立ち上がりがあるので着け心地がいいです。

Pt900・ダイヤモンド(¥285,000)

幅広の腕と梨地が印象的なダイヤリングです。中石のマーキースは0.45ctで存在感があります。
脇石のラージメレーとブルーダイヤは皿留め、マーキースは爪留めと手法を変えてありリング全体の雰囲気と合わせています。
リングの裏側が無垢で差し心地が良いです。

K18PG・ダイヤモンド(¥73,000)

空間のデザインが目をひくリングです。
幅のある地金部分は内側に反っていて反射すると表情が変わります。
左側の四角いフォルムから華奢な右のラインに繋がる流れが個性的です。

K18/PG(¥176,000)

レースのようなバラ模様が大変美しいリングです。中は空洞になっているため軽くて着けやすいです。
トップの全高が約12㎜とかなり高さがあります。形も個性的で他にないインパクトがあり海外ブランドらしいデザイン力があります。
地金だけで作られていると思えないほど華やかで繊細なリングです。

K18WG・グリーンガーネット・ダイヤモンド(¥416,000)

1.71ctの大きなグリーンガーネットが華やかなリングです。透明度が高く深い緑色がとても魅力的です。
腕のラージメレダイヤも大きめで直径は約2.2㎜程、石目は0.95ctです。あえて高さを出した共有爪で爪自体にデザインを着けているとても珍しい作りです。
裏抜きのないつるんとした指当たりでストレスなく着けられます。

K18WG・ピンクトルマリン・ダイヤモンド(¥77,000)

エメラルドカットのトルマリンが個性的なリングです。石目は0.26ctで縦が約5㎜です。腕の形状は線径の違う平打ちでスタイリッシュな印象です。
ダイヤは爪留め、一部ふせこみを使用しアシンメトリーに仕上げています。

Pt900・ダイヤモンド(¥75,000)

ピンキーリングでサイズは5号です。石目は0.1ctとピンキーの中では豪華さがあります。
側面の地金無しの共有爪です。内側の地金は凹になっていて動くと反射の表情が変わります。
小指は指の外側まで見えるので、リングの側面にもデザインがあるほうが良いかと思います。

K18・サファイア・ダイヤモンド(¥153,000)

馴染みのあるブルーサファイアと鮮やかなイエローサファイアが目を惹くリングです。イエローの方が一回り程大きくそれぞれの石目は0.55ctと0.38ctです。透明度が高く色は濃いとてもバランスの良い状態です。
ラージメレはアワ留めでキラキラとしています。地金をたっぷりと使用し高級感があります。

Pt900・ダイヤモンド(¥285,000)

真ん中はプリンセスカット、両サイドはペアシェイプカットのダイヤモンドを使用しています。
石目は1.05ctです。写真だと伝わりきれないのですが非常に鮮明な輝きで実際の石のサイズより大きく見える光り方をしています。
プリンセスカットの留めは中央を絞ったような個性的な板爪で、ペアシェイプは細い3点留めです。
厚みのある甲丸は差し心地がとても良いです。

K10・ダイヤモンド・シードパール・エナメル(¥95,000)

18世紀の英国ヴィクトリア時代の技法を取り入れた国内メーカーのプライベートブランド『Victorian's Gate(ヴィクトリアンズ・ゲート)』のジュエリーです。
青と赤の着色部分はガラスの粉を溶かしたエナメル加工で、腕の側面にはポイントでメレダイヤを留めています。
リングの形状が指当たりになじむ形になっているのもユニークです。
こちらのリングはK18でのオーダーも承っております。

K18・ダイヤモンド(¥978,000)

中石のダイヤモンドはマーキースカットと呼ばれる葉っぱ型のカットを施しています。透明感のある澄んだナチュラルイエローダイヤです。
腕のラージメレダイヤの石目は2.16ctで大変ボリュームがあり中石を惹きたてています。厚みのあるデザインで高級感があります。

K18・ピンクトルマリン・ブルートパーズ・ダイヤモンド(¥156,000)

クラシカルなデザインとピンクとブルーの色合わせが華やかなリングです。トルマリンとトパーズはバフカットでメレダイヤはラウンドです。
地金の溝は丁寧に抜かれていてラインが美しいです。メレダイヤは泡留めと呼ばれるキラキラとした石留め法を使っています。

Pt900・ダイヤモンド(¥154,000)

マーキースカットのダイヤモンドを中石に脇石はバケットカットとメレダイヤで埋めた高級感溢れるリングです。上面の最大幅は約6.4㎜あり透かしのデザインにすることでで軽さを出しています。
カットの異なる3種類のダイヤを使用しているのでそれぞれの光り方が違い個性があります。

K18WG・ダイヤモンド(¥48,000)

蝶とお花の真ん中には皿留めでダイヤが1石留められています。両方とも真ん中が一番低く先端のほうにいくにつれ高く立ち上がっています。
ころんとした甲丸(かまぼこ形)の腕が優しい雰囲気です。

K18・ダイヤモンド(¥830,000)

淡いイエローのカラーが美しく、透き通った輝きと力強いテリが大変魅力的です。圧倒的な存在感を放っている中石です。
写真右側の地金の立ち上がりが一番高く左との高低差で立体感を出しています。
バケットカットダイヤはツメが均一に留められておりレール留めならではの美しさがあります。

Pt950(¥35,000)

細かなミル打ちがリングの側面にも個々に施されています。繊細なデザインながらしっかりとした厚みが魅力的です。
1本で着けても良いですしお手持ちのリングと重ねづけしたり別々の指に着けるのも素敵かと思います。

Pt900・ダイヤモンド(¥68,000)

真ん中に大きめのダイヤを留め周りに小さなダイヤを敷きつめています。石目は0.20ctです。モチーフの大きさは縦約8.4㎜、横約5.9㎜(最大)です。
腕の先端は真ん中に向かって細くなっており繊細なデザインに仕上がっています。

K18WG・ペリドット・グリーンガーネット・ダイヤモンド(¥260,000)

濃い黄緑色が目を惹くペリドットは石目が4.74ctありカットが個性的で見ていて楽しい石です。
脇石のガーネットとダイヤモンドは丁寧な皿留めで留まっており、腕はヘアライン状のツヤ消し加工がされています。
石の高さを利用した立体感のあるセッティングで石留めもデザインに落とし込んでいます。

K18WG・ルビー・ダイヤモンド(¥270,000)

表にツメを作らないミステリーセッティングと呼ばれる石留め方法を用いたリングです。ルビーらしい赤色の中にほのかにピンク色も感じられます。メレダイヤ部分も合わせた大きさが縦約17㎜、横約15㎜です。
加工はとても丁寧にされており仕上がりが美しいです。石目はルビーが1.65ct、ダイヤが0.32ctです。

K18・ダイヤモンド(¥88,000)

中石は0.213ct、Eカラーでギラっとした輝き方です。ツメが表にほとんど出ていないのでダイヤのシルエットが映えています。
腕はヘアラインのツヤ消しですっきりとした石周りと良く合っています。ツメ辺りの地金は鏡面仕上げです。
一粒石リングですがデザインにこだわった作りでカジュアルにお使いいただけます。

K18・ダイヤモンド(¥43,000)

ラウンド(丸のカット)のダイヤを使用しているのですが、全て3点のツメで留めており星のようなシルエットに仕上げています。石目は0.25ctでテリがあり輝きの強い石を留めています。
腕の厚みがあるので着け心地が良く、繊細なデザインですがしっかりとした作りになっています。

K18・ダイヤモンド(¥43,000)

リングの中央が緩やかに太くなっておりリボンのようなシルエットになっています。一文字のリングは単純に真っすぐ石が留まったシンプルなものが大半なのですが、こちらのリングは一文字でありながらデザインを持たせています。
石留めが独立した爪留めで強度があります。お手持ちのお品に重ねづけしても素敵かと思います。

Pt950・ダイヤモンド(¥197,000)

中石のダイヤはDカラー、トリプルエクセレント、ハート&キューピットという色、カット共に最高ランクのものを使用しています。エンゲージリングにもおすすめです。
ダイヤの側面が見える石留めをしておりダイヤが浮いているような不思議なデザインです。立ち上がりのしっかりとしたツメと平打ちの腕のバランスも良いです。
リング側面のメレダイヤはふちを残した彫り留めで石目は0.22ctです。

Pt900・ダイヤモンド(¥58,000)

2種類の石留めを交互に配置した一文字タイプのリングです。1つは天地左右のひし形に見えるもの、もう1つはダイヤの周り一周にミル打ちが入っています。
一文字はシンプルなものが多くデザインが似かよりがちなのですが、こちらのリングは細かいところにこだわって丁寧に作られています。
独立した石座もころんとしたシルエットが可愛いです。石目は0.3ctです。

Pt950・ダイヤモンド(¥58,000)

中石のハート&キューピットダイヤは8本のツメで留められていてお花のようなシルエットが可愛いです。下の地金のラインにもお花形のモチーフが施されています。2連の重ねづけ風デザインがおしゃれです。
ピンキーリングですがプラチナのボリュームがしっかりとあり魅力的かと思います。

K18・ダイヤモンド(¥30,000)

透かし模様はリングの半周まで入っており側面しっかりとにも立ち上がっています。加工が丁寧で内側の処理も綺麗なので差し心地がとても良いです。メレダイヤは3石留まっていて真ん中が一番大きく両サイドは一回り小さめです。

K18PG・ピンクダイヤモンド(¥280,000)

K18PG・ピンクダイヤモンド
パヴェセッティングされたピンクダイヤが華やかなリングです。爪の大きさも揃っており丁寧な加工がされています。
ホワイトダイヤよりも優しい色なので石はぎっしりと詰まっているのですが派手すぎず使いやすいかと思います。
写真では見れないのですが裏抜きもモチーフと同じ模様になっており細かなこだわりを感じます。

Pt900・ルビー・ダイヤモンド(¥148,000)

Pt900・ルビー・ダイヤモンド
二本の腕のラインが美しいルビーリングです。横から見た時に地金の立ち上がりがしっかりとあります。
マーキースカットのルビーは色がよく乗っています。
メレダイヤはサイズが大きめで空間バランス良く留められています。

K18WG/PG・ダイヤモンド(¥81,000)

ハート&キューピットのカットが施されたダイヤモンドは良く光り石の輝きが際立っています。ラインを残さない彫り留めが繊細です。ダイヤ部分のみ地金はホワイトゴールドを使用しダイヤの反射に色が干渉しないようになっています。
その他はピンクゴールドを使用し温かな印象です。

Pt900・サファイア(¥200,000)

赤みを帯びたパープルからブルーまで変化するサファイアです。太陽光や白熱灯、蛍光灯下で色が変わります。透明度が高く澄んでいます。
オーバルカットで石目は0.88ct、直径は約6㎜です。
高さを出しうねらせた地金は動きがあります。平打ちなのでスタイリッシュな印象に仕上がっています。

K18・エメラルド・ダイヤモンド(¥467,000)

はっきりと濃くエメラルドらしい色が美しいです。石目は0.99ctで腕の延長で丸い爪留めになっています。エメラルドを持ち上げたようなデザインです。
側面から見た時の立ち上がりが個性的です。
ラージメレダイヤは0.57ct、かなり大粒で上下左右に16ピース留めています。エメラルドを留めている腕部分より一段低い位置に彫留めをしています。

Pt900・ピンクサファイア(¥105,000)

平打ちベースのしっかりとした作りです。内甲丸で仕上げているので指なじみが良いです。
リングの上下で幅を変えて動きを出しています。側面の立ち上がりがポイントで立体のフォルムになっています。
ピンクサファイアははっきりとした発色のもので石目は0.82ctです。

K18/WG・ルビー・ダイヤモンド(¥98,000)

中石はカボションカットルビーです。取り巻いているダイヤと地金がレースのような透かしの加工でアンティーク調です。
リングの腕とモチーフの外側はイエローゴールド、内はホワイトゴールドです。
ルビーが深く濃い色合いで美しいです。

K18・グリーントルマリン・ダイヤモンド(¥212,000)

K18・グリーントルマリン・ダイヤモンド
深い緑色のグリーントルマリンが印象的なリングです。
地金をたっぷり使った腕は高級感があります。
トルマリンもメレダイヤも爪のないふせ込みという技法で留められており、表面に引っかかりがないので使いやすいかと思います。

pt900・南洋ケシパール・ダイヤモンド(¥285,000)

Pt900・南洋ケシパール・ダイヤモンド
直径約16ミリ程の大きな南洋のケシパールがあしらわれたリングです。
石座のお花は縁取りが丸くとても可愛いです。パールを包むようにデザインされています。
自然の形そのままのケシパールとお花のモチーフが優しい印象です。

Pt900・タヒチパール・オニキス・ダイヤモンド(¥197,000)

Pt900・タヒチパール・オニキス・ダイヤモンド
リング側面にもダイヤがあしらわれていて作りが非常に凝っています。
タヒチパールはテリがありしつこすぎないグリーンで使いやすい色味です。横のバケットのオニキスとダイヤが良いアクセントになった素晴らしいデザインです。

Pt900・ダイヤモンド(¥223,000)

Pt900・ダイヤモンド
楕円形の地金に四角に見えるマス留めでダイヤを留めています。よくある丸く見える留め方とは違った見ためが個性的です。
楕円形の側面にもダイヤが留められていて手を動かした時に光って綺麗です。

K18WG・ダイヤモンド(¥260,000)

K18WG・ダイヤモンド
びっしりとダイヤを一列に留めたリングです。彫り留めと呼ばれる技法なのですが、爪の大きさ、位置、間隔全てが揃っていて加工の技術力を感じます。
山なりにアールがついておりボリューム感があります。

Pt900・ブラックオパール・ダイヤモンド(¥280,000)

Pt900・ブラックオパール・ダイヤモンド
緑と青の遊色がはっきりと出ている美しいブラックオパールです。オパールに厚みがある為色ののりも良く、深い海の底のように幻想的です。
サイドのテーパーダイヤのレール留めも石の形にぴったりと合わせてあり丁寧な加工がされています。

K18・アコヤパール・トルコ石・ダイヤモンド(¥150,000)

K18・アコヤパール・トルコ石・ダイヤモンド
直径8mm程のアコヤパールを使用したリングです。葉っぱの形にカットされたトルコ石がポイントになっています。
裏側にもしっかり地金が貼られているので差し心地が良いです。

Pt900/K18・ルビー・ダイヤモンド(¥280,000)

Pt900/K18・ルビー・ダイヤモンド
台形型のテーパーバケットカットのルビーがポイントのリングです。
中心が一番高く山なりになっているのですが、そこにテーパーカットを合わせるのはかなり難しい加工です。隙間なく留めてあるのは素晴らしい技術です。
ルビーの赤とイエローゴールドの組み合わせが華やかです。

K18・アメシスト・ダイヤモンド(¥96,000)

K18・アメシスト・ダイヤモンド(¥96,000)
高さのあるカボションカットのアメシストを活かした特徴あるデザインが魅力的なリングです。
トップ部分は徐々に末広がりになっており伏せこみで留めたメレダイヤがポイントになっています。
腕にもラインが入ってデザインのまとまりを感じます。

Pt900・サファイア・ダイヤモンド(¥450,000)

Pt900・サファイア・ダイヤモンド
深い青が美しいハートシェイプカットのサファイアリングです。
ハートシェイプは原石にある程度の大きさがないととれないのですが、こちらのサファイアは上下9mm程ある大変大きな石です。石の品質だけに着目しても希少なリングかと思います。
腕のメレダイヤは地金部分より一段高くなっていて立体感があります。

K18・ゴールデンパール・ダイヤモンド(¥280,000)

K18・ゴールデンパール・ダイヤモンド(¥280,000)
直径15mm超えの大変大きなゴールデンパールをあしらったリングです。かなりボリューム感のある珠なのですが可愛らしいデザインですのでいやらしさはないです。
お花に見立てた枠にアシンメトリーにメレダイヤが留められています。

K18・ケシパール・ウォーターオパール・ピンクトルマリン・ダイヤモンド (¥255,000)

K18・ケシパール・ウォーターオパール・ピンクトルマリン・ダイヤモンド
こちらも『木曽勝弘・ローリージェイ』の作品です。
ケシパールのぽこぽことした不安定な表面に見事にオパールが沿うようにセッティングされています。
ピンクトルマリンの石座の高さやダイヤモンドの徐々に細くなるラインがデザインのポイントになっておりどの角度から見ても楽しいリングです。

K18・サファイア・ルビー・ダイヤモンド(¥392,000)

K18・サファイア・ルビー・ダイヤモンド(¥392,000)
良く色の乗った貴石とテーパーダイヤ使いが面白いリングです。パッと目を惹くサファイアとルビーのコントラストが美しいです。
テーパーカットはラウンドカットより石留めが難しく、仕上がりに影響が出やすいのですがこちらのリングはとても綺麗に留めており細部までこだわりを感じます。

Pt900・サファイア・ダイヤモンド(¥350,000)

Pt900・サファイア・ダイヤモンド
真ん中のバケットカットのラインがシャープなリングです。
全てのパーツに大変細かなミル打ちがされています。レースのようなデザインに良く合っています。
幅は最大で14.5mm程あり高級感があります。

K18・ピンクサファイア・シードパール(¥125,000)

K18・ピンクサファイア・シードパール
18世紀の英国ヴィクトリア時代の技法を取り入れた国内メーカーのプライベートブランド『Victorian's Gate(ヴィクトリアンズ・ゲート)』のジュエリーです。
鮮やかなピンクサファイアとふんわりピンク色のシードパールがとても愛らしいです。
リングの側面に地金がたっぷりと使われているので高級感があります。
ヴィクトリアンズ・ゲートの特徴でもあるミル打ちも大変丁寧に入れられています。

K18・ロードライトガーネット・ムーンストーン・ピンクトルマリン・シトリン・グリーンクォーツ・ダイヤモンド(¥158,000)

K18・ロードライトガーネット・ムーンストーン・ピンクトルマリン・シトリン・グリーンクォーツ・ダイヤ
カラフルな石達が飛び出したかのようなデザインが楽しい『3Dリング』です。
ハート形のムーンストーンにはハートのくぼみが目立つ留め方、シャープなカットのロードライトガーネットには板爪といったようにそれぞれの石のカットの特徴に合わせた留め方が施されています。
石座の高さも一つ一つ変えており、石同士の距離のバランスも素晴らしく突飛なデザインに見えてつけやすい様に計算しつくされたリングです。


K18・サンゴ・ダイヤモンド (¥225,000)

K18・サンゴ・ダイヤモンド
『木曽勝弘・ローリージェイ』の作品です。
自然物の形を生かしたデザインが特徴で、個性的でありながら宝石に寄り添い合う優しい雰囲気が魅力です。
こちらのリングはサンゴに穴を開け、ダイヤを石座ごと埋め込んでいます。サンゴは柔らかいので割れやすく、こういった加工はまさに職人技です。
右側の金の粒も一つ一つ手作りで作られており、作家の熱と技術の高さを感じます。

K18・ダイヤモンド(¥92,000)

K18・ダイヤモンド
大胆な透かしが印象的なリングです。
外側は鏡面、内側は梨地加工になっています。所々線の太さを変えており単調になりがちな唐草模様も生き生きとしたラインになっています。
真ん中のメレダイヤは3石で良く光りテリも有ります。

K18WG・サファイア・ダイヤモンド(¥175,000)

K18WG・サファイア・ダイヤモンド
マルチカラーサファイアが賑やかで楽しいリングです。香港からの輸入のお品物です。
赤色から黄色まで弧を描くようにアールがついており空間のバランスも素晴らしいです。
どの面のダイヤも石留めが美しく、香港の高度な加工力が光っています。

K18WG・スペサルティンガーネット・イエローサファイア・ダイヤモンド(¥180,000)

K18WG・スペサルティンガーネット・イエローサファイア・ダイヤモンド(¥180,000)
良く色ののった濃いスペサルティンガーネットを使ったリングです。ガーネットの石目は3.28ctと大粒です。脇石はイエローサファイアでラウンドカットになっています。
3石共地金で囲んだ板爪とフクリン留めでシャープな印象です。

Pt950・ハート&キューピットフルエタニティダイヤモンド(¥287,000)

Pt950・ハート&キューピットダイヤモンド
ダイヤモンドには「カット(形)・カラット(重さ)・カラー(色)・クラリティ(透明度)」の4Cと言われる4つの基準があります。
ハート&キューピットとは専用のスコープで覗くと8つのハートと弓矢が現れる対称性に優れたカットの事を言います。
ダイヤモンドは自ら光を放っているのではなく、私達は反射した光を見てダイヤモンドを「美しい」と感じています。4つの基準はどれも大切なのですが、カットの評価はダイヤの輝きにとって一番重要な要素と言えます。
ハート&キューピットは対象性に優れている為反射する光の量も多く良く光ります。その特別な石をリング全周にあしらった「フルエタニティ」リングはまさに憧れのリングです。
石目は1ctありボリュームも申し分ないです。石の留め方が少しでも曲がると反射が弱くなってしまうので、職人の技術力も必要となります。誰からも愛される永遠のリングです。

K18・ゴールデンパール・ダイヤモンド(¥100,000)

K18・ゴールデンパール・ダイヤモンド
直径11mm超えの大きなゴールデンパールをあしらったリングです。
腕が樹木のような珍しいテクスチャーになっており作家物のような個性があります。荒らしの飼加工にダイヤが良く映えます。

K18WG・シトリン・ダイヤモンド(¥280,000)

K18WG・シトリン・ダイヤモンド
シトリンに厚みがあるので色が濃く華やかなオレンジ色が目を引きます。
地金をたっぷりと使っているので高級感があり指なじみも良いです。
メレダイヤ使いが個性的で手を動かした時に見える側面からの表情もおもしろく、どの角度から見ても飽きないリングです。

Pt900・ヒスイ(¥570,000)

Pt900・ヒスイ(¥570,000)
約12mm×10mmの大変厚みのある翡翠を使ったリングです。繊維状内包物も肉眼では確認できないほど澄んでいます。石目は10.11ctです。
地金の均一なミル打ちと丁寧な透かし模様も素晴らしいです。翡翠のリングはクラシカルなものが多いかと思いますが、こちらのリングはデザインが非常に凝っておりそこも魅力の一つです。

K18・エメラルド(¥356,000)

K18・エメラルド
ドーム型の個性的なデザインが海外らしいフランスからの輸入商品です。
中央のカボションカットのエメラルドは透明感があり色も濃いです。石目は2.14ctありとても存在感があります。
通常小さい石は大きな石より厚さがない分色が薄くなってしまうのですが、こちらのリングは脇の小さなエメラルドも色が乗っているので石選びも慎重にされています。

Pt900・グリーントルマリン・ダイヤモンド(¥450,000)

Pt900・グリーントルマリン・ダイヤモンド
厚みのあるグリーントルマリンは縦にカットが入っており、色も濃く美しいです。
腕の形と脇のテーパーカットのダイヤがすっきりとした印象で落ち着いた色のトルマリンによく合っています。
変わった形状ですが指なじみは良く気軽に着けていただけるかと思います。

Pt900・クリソベリルキャッツアイ・ダイヤモンド(¥2,350,000)

Pt900・クリソベリルキャッツアイ・ダイヤモンド
キャッツアイ(正式名称:シャトヤンシー)とは宝石に見られる光彩効果の一つで、猫の目のような縦のラインが出る効果のことです。中でも有名なのがクリソベリルキャッツアイで、日本では昔から「猫目石」または単純に「キャッツアイ」と呼ばれてきました。
こちらのクリソベリルキャッツアイは深い緑、黄、ブラウンの中間のような非常にクリソベリルらしい色合いが美しいです。

Pt900・ルビー・ダイヤモンド(¥560,000)

Pt900・ルビー・ダイヤモンド
レースのようなミル打ちが目を引くリングです。地金がたっぷり使われていて重厚感があります。
石目がルビー1.57ct、ダイヤが1.014ctとふんだんにあしらわれています。
色が濃く深い赤色のルビーと幅広のデザインがよく合っています。

Pt900・エメラルド・ダイヤモンド(¥198,000)

Pt900・エメラルド・ダイヤモンド
中石のエメラルドのまわりをテーパーダイヤで巻いた個性的なデザインです。
カットの仕方でラウンドのダイヤより光り方が控えめで大人な印象です。
エメラルドの色が濃く全体を引き締めています。

Pt900・アメシスト(¥100,000)

Pt900/アメシスト
大きなアメシストを使ったリングです。厚みは8ミリ程あり縦約15ミリ、横約12ミリととてもボリュームがあります。
腰部分の縄目のような模様が特徴で、アメシストに負けない存在感があります。

Pt900・バイカラートルマリン・ダイヤモンド(¥145,000)

Pt900・バイカラートルマリン・ダイヤモンド
バイカラートルマリンとは1つの結晶の中に2色が組み合わさったトルマリンのことで、2色の境目がぼんやりとしていてとても神秘的な石です。
こちらの商品は緑と茶色のバイカラーです。石に厚みがあるので色がとても深いです。
メレダイヤの使い方がおもしろくデザインのポイントになっています。

K18・サファイア・ダイヤモンド(¥385,000)

K18・サファイア・ダイヤモンド
濃い青色が美しいサファイアのリングです。フランスからの輸入商品です。
幅のあるひねった腕が反射するたび表情が変わり、中石のサファイアに負けない存在感があります。
写真では分かりづらいですがメレダイヤより若干地金の方に高さがついており、均一にするよりも動きが出るようになっています。細かいところにもこだわったリングです。

K18・ダイヤモンド(¥166,000)

K18・ダイヤモンド
桜柄が和テイストのリングです。ホワイト部分はプラチナのメッキ加工がされています。
和紙のようなテクスチャーに鏡面のコントラストがよく映えています。無垢なので指し心地が良く指にフィットしてくれます。 

K18WG・ダイヤモンド(¥155,000)

K18WG・ダイヤモンド
大き目のメレダイヤが華やかなリングです。
リングの裏側に途切れ目がないので指し心地が良く指にフィットしてくれます。
少しずつ高さを変えて石を留めており、細かなこだわりを感じるデザインです。

K18・サファイア・ダイヤモンド(¥73,000)

サファイアは赤、オレンジ、イエローのものを使用しています。色味と濃淡を細かく変えているのでなだらかなグラデーションになっています。石目は1.00ctで縦の長さが約10㎜、横が約7.7㎜です。
腕は全てメレダイヤで内側から外側にかけて石のサイズが大きくなっています。